第8回「ICT(愛して)とくしま大賞」で「e-とくしま推進財団賞<学生部門賞>」を受賞しました!

前のページへ戻ります
2019/01/21

クリップ プログラミングスクールの「Androidアプリコース」の髙橋怜佑君が制作したアプリ『避け落ちる(よけおちる)』が第8回「ICT(愛して)とくしま大賞」で「e-とくしま推進財団賞<学生部門賞>」を受賞しました!

(作品PR文)障害物を避け、どこまでも落ち続けることが目的のゲーム作品。障害物に当たるとダメージを負うが、黄色い輪を通ると加速し、スピードに乗れば障害物を破壊できる。すだち・ゆず・しいたけ・れんこんなどの徳島の特産品を自機に選んで、さあ落ち続けろ!

中学生から高校生を対象にした「Androidアプリコース」では「Android Studio」という開発環境を使って、スマートフォンのアプリケーションを制作しています。
コースの中では業務でも使用される本格的なJavaというプログラミング言語やUnityと呼ばれるゲームエンジンを用いて開発します。プログラミングについての基礎知識はもちろん、アプリ制作についてを学びながら、一から自分で企画したオリジナルアプリを開発し、 世界中のAndroidユーザーがダウンロードできるGoogle Playへの公開を行っています。

<<  メディア掲載情報 
前のページへ戻ります